ヨセフのメモ帖

パワースポットや占い、クリスタルなどスピ系を中心に、徒然なるままに…。

山羊座満月にルーンが伝えてくれたこと

今日7月5日(日)13:44に山羊座で満月でした。

ここのところ首都圏は天気がイマイチで、きれいな月が見られなかったけど、雲が切れて来たので今晩はちゃんと満月を見られるかな?

 

さて今回引いたルーンは「ユル」。

f:id:josephjophiel:20190802104157j:plain

ユル

死と再生、移行などの意味があります。一般的なタロットカードでいう所の「DEATH(死神)」(ヨセフが使っているカモワンタロットでは「名前のない13」)にあたる内容。

半月前に蟹座新月で「ベオーク」(逆)を引いた時にピンと来なかったけど、そのベオークの流れも引き継ぎつつ今回はなんか「ふむふむ」という感じ。

転換期にきているよ。

あなたの中でも、取り巻く環境でも、変わりつつあることに気付くとき。

でもこれは今いきなり始まったことではないのはわかるよね。

もう何年か前から緩やかに変化に向けた流れがあったのが、ここにきてハッキリと示される感じ。

だから、ある程度の準備や覚悟、予感はあったはず。

 

ずっと積み重ねてきたことや大切なものを手放すような出来事もあるかもしれない。でも人生に無駄はないから、その時間を経たから今がある、未来がある。

卒業したら、新たな入り口が開くでしょ。

そんな時期を迎えるよ。

 

このルーンには逆向きはないのですが、今回しっくりきたのはなぜか横向きでした。そこから感じられたのは、過去からの流れ。時の流れ。どちらかというより成長というより、移行。

切り替わるといった感じが近いかも。

ルーンが示す今の転換は、劇的ではなく、緩やかでそれほど意外性のない流れのような感じがします。

 

蟹座新月にルーンが伝えてくれたこと

昨日は6月21日(日)は夏至。15:41に蟹座で新月、そして部分日食がありました。

引いたルーンは「ベオーク」の逆位置。

f:id:josephjophiel:20200622191210j:plain

ベオーク(逆)

成長や母性などの意味があり、始まりのルーンでもあります。

夏至なので、昼夜の長さの逆転が始まる日、そもそも新月なので始まりの力が強い日、そして蟹座は母性や家族愛などとつながりの深い星。

でもルーンは、その逆位置で出ました。

そしてルーンストーンからは、何やら問いかけられるカタチで伝わってきました。

新たなことが始まりそうで始まらない、成長しそうでしていない、嬉しいことがありそうでなかなかない、そう思っていない?

あなたの内(理想)と外(現実)がぴったり合わさらないのは、なぜだろうって。

 

何かから逃げていることに気づいてないかな?

まっすぐ前を見たら本当の目標がちゃんと見えるはずなのに、目をそらしているみたい。

 

まずはズレた軸を元に戻すことからやってみよう。

地に立って自然に触れて深呼吸するのが、ちょっとした近道。

 

うーむ。

ホントは昨日のうちにシェアしたかったのだけど、今の私には何だか意味があんまりピンとこなくて、これでいいのかなぁ?とモタモタしてました。でもきっと何かの拍子に「あっ!」と思う気づきがやってくるのかな。

射手座満月にルーンが伝えてくれたこと

昨日6月6日4:12に射手座で満月でした。

満月の夜は月が膨らむと同様、水分や栄養諸々を吸収しやすい時なので食べ過ぎ飲み過ぎには注意なのですが、今回久々にやってしまいました。飲み過ぎを。

満月直前の5日金曜夜に、地元のお店で約3カ月ぶりにちらっと外飲み。いつもならこれ位は別に…という量だったとは思うけれど、満月パワーですかね、久々の二日酔い。反省です。

 

さて今回引いたルーンは、「ソーン」。

f:id:josephjophiel:20200607201000j:plain

ソーン

トゲやイバラ、巨人、門という意味があります。

このルーンを見た時、「痛っ!」という感覚が伝わってきました。

まだ羽目を外しちゃダメだよ。

ちゃんと状況をわきまえて、積極的に行動するのは禁物。

慌てず騒がず、控えめに。

手を出さなければ、トゲは刺さらないから。

 

そこに座っていたって、楽しみはあるんだよ。

そこで目に映るもの、聞こえてくるものにも美しいもの、興味深いことは色々ある。素直に感じる力で楽しもう。

大きな対価を払ってまで手に入れるのは、今は大した宝物ではないよ。

 

私自身としては、多少の開放感と緩みでの二日酔いを戒められた感はあり、世間的にも「まだコロナ禍をなめちゃダメだよ」といったところでしょうかねぇ。

双子座新月にルーンが伝えてくれたこと

昨日、23日2:39に双子座で新月でした。

今回引いたルーンは「アンスール」で、双子座を支配する水星がコミュニケーションの星なので、まさにそのものといったルーンが飛び出しました。

f:id:josephjophiel:20200524123233j:plain

アンスール(左横向き)

メッセージやコミュニケーション、「answer(答え)」の語源であるので「受け取る」といった意味も。

そして、正位置でも逆でもなく、左横向き。

牡牛座新月の時と同様、場合によってどっちにも転ぶという感じですが、伝わってくる言葉はシンプルでした。

今はいろんなメッセージが受け取れる時。

周りとは断絶せずに、恐れずにコミュニケーションを取ろう。

一つのことに固執せず、柔軟に視野を広げよう。

受け取ったメッセージをユーモアとともに理解し、楽しもう。

例えば辛辣な言葉も、そのままネガティブに受け取ったらそれまでで、成長にもつながらない。

ユーモアがあればポジティブに変換できるし、笑い話にしたり、学習したり、何かの糧になるというようなことなのかな。

 

そして今回ふと感じたのが、新型コロナと共存する今の世の中と地球のアセンション(次元上昇)について。

10年くらい前からスピリチュアルな人たちの間で話題になっていたのですが、ちょうど私がレイキに興味を持ち始めた頃で、アセンションについてやたらと耳にすること多かった気がします。

アセンションについての説明はこちらにサクッと出ていました↓

anemone.net

こちらのサイトに、コロナとの関係について、ここんところモヤモヤと考えていたことが大体まとまって書かれていました(まぁ、ちょっと仰々しい表現はあるけど)。

※ちなみにこちらの雑誌、実は私はまだ購読したことがないのですが、参考までにリンクしました

 

そして当時、ティーチャー的なスピリチュアルな方がおっしゃっていた言葉も思い出しました。

アセンション後には、これまでの当たり前や価値観、生活様式が変化するので、そこに興味のないまたは順応する気のない魂は、この世界を離れていくタイミングになる」と。

裏を返せば、今の世を生きていくには、〝新しい生活様式〟に順応することは必須だということ。そしてそれを楽しむべき、と。

また、今回その変化へのテコ入れをしたのが新型コロナ。その役目を担うものがもし二択だったなら、もう一つは戦争だったのかも…。

とにかく今この時間を、平和と感じられることは幸せだし、きっと未来も明るいですな。

©2019 ︎︎Joseph.M