ヨセフのメモ帖

パワースポットや占い、クリスタルなどスピ系を中心に、徒然なるままに…。

新たな始まりへのリーディング

今日9月14日(土)13:33に、魚座満月でした。

今回のリーディングでは、インナーセルフのよせふから受け取った導きに従ってルーン&タロットの両方に尋ねてみることにしました。

まずルーンで引いたのは「ケン」

f:id:josephjophiel:20190914142259j:plain

ケン

火、開始、やる気、情熱などを意味します。

そこからタロットに問いかけてみたのは、

「環境・状況が変わったり、新しいことを始めたりする人に」

並んだカードは↓全て正位置の3枚だけ。とてもシンプルな結果でした。

f:id:josephjophiel:20190914143000j:plain

19「太陽」/17「星」/7「戦車」

今まで良い仲間や友人との時間やそれによる気付きもあったし、良い出会いもあった。

そうやって築き上げてきたものがあるし、大切にしたいと思っているよね。

 

今はそこから少し流れが変わってきてるけど、あなたはその流れを受け入れている。

謙虚に、でも前向きに、受け取れるものを受け入れる気持ちや準備ができてきた。

あなたの本当の望みや本心もあらわになってきているようだ。

そして、ここまできたのは過去からつながっている運命の流れであり、必然だったというのも今はわかる。

 

今進んでいる(流れている)ことは、全て輝く未来のため。

それは目の前。

不安や恐れはいらない。希望を胸に、足を止めずに前を見て進んで行けばよいよ。

旅立ちも吉と出る。

向かった先で、きっと素晴らしいものを手にするよ。

 

実は私自身を含め、最近周りには転機を迎えている人が珍しくなく、その人たちにエールを送ることがしばしばあったといった今日このごろ。

新しい始まりのきっかけは人それぞれ。

もし、それが本人が望んで行動を起こしたことではなかったとしても、悩んだ末にその流れを受け入れたから、これからの生活への新たな情熱(このルーンの〝火〟の意味かな)が湧いているのを感じます。

〝浄化して心機一転〟といった感じで、それこそちょっと前よりパワーアップ。

満月なので空を見上げて、そのパワーを思いっきり吸収したいものです。

ご供養に呼ばれてみた築地本願寺

軽い気持ちで、行ってみようと提案

f:id:josephjophiel:20190906200023j:plain

築地本願寺の建物はエキゾチックな面持ち

その独特の建築が見たくて行きたいと思いつつ、いつでも行かれると思ってなかなか足を運ばなかった「築地本願寺」。

友人と、豊洲にある話題の「チームラボプラネッツ」に行ってみたいね、ということになり、それなら新富町駅で途中下車して築地本願寺にも寄りたいと提案しました。

築地本願寺浄土真宗のお寺なのですが、日本の〝いわゆるお寺〟といったたたずまいではなく、エキゾチックな建物で有名。

江戸時代初期に浅草で建立され、火事や震災により今の場所に移転し「古代インド仏教様式の外観で1934(昭和9)年に現本堂が落成」と同院の案内に書かれています。

今、お参りするのには意味があった

同行の友人は、特に「築地本願寺」に興味がないまま私について来たのですが、本堂をお参りして、キョロキョロしながらびっくり顔。

本願寺って、あの本願寺?」とな。

こちらの本山は京都の西本願寺。〝あの本願寺〟とはその意味でした。

実は彼女、最近立て続けに大切な身内を2人亡くされてご供養の真っ最中。お2人とも介護した上で看取った100歳近い大往生でした。

出身が関西で代々菩提寺としているのが浄土真宗本願寺派であり、近々、総本山の西本願寺に分骨の儀式にうかがう予定とのこと。

思いがけない縁に気付いて驚き、彼女は目をキラキラさせて「呼ばれたね」と。

私としては軽い気持ちで提案したけれど、今、築地本願寺に来たのは友人のためだったのだねぇ〜と納得。

そんなこんなでご供養にちょびっとだけ参加させていただき、印象に残る築地本願寺の初参りとなりました。

暑い日だったけど、足取りが軽くなった一日でした。

 

ちなみに、チームラボプラネッツはこんな感じ↓

f:id:josephjophiel:20190906204613j:plain
f:id:josephjophiel:20190906204652j:plain
水をテーマに光と人が作り出すデジタルアートを体感

豊洲の「チームラボプラネッツ」は2020年秋までの期間限定。お台場の「チームラボボーダレス」は今のところ期間は区切られてないようです

乙女座新月でルーンが伝えてくれたこと

今晩は乙女座新月

ルーンに、今シェアしたいことを聞いてみました。

引いたのは「ユル」で、8月1日の新月の時と同じものでした。

でもこの時は、タロットリーディングの対象として引いたのですが、今日は〝今のために〟という思いでエイッと引き出しました。

「ユル」には、死と再生、終わりと始まり、などの意味があります。

f:id:josephjophiel:20190802104157j:plain

ユル

ルーンの意味に思いをはせながら、ルーン石(水晶)から手のひらに伝わってきたのは、チクチクジンジンとした感覚。

これって何かな〜?と考えたら、「炭酸」のイメージでした。

そういや温泉や発泡系の入浴剤など炭酸泉につかると血行が良くなって、代謝もアップ、デトックス効果などがあるとか聞いたことがあります。

デトックス」「めぐり」「再生」といったものなのかな。

そんなふうに伝わってきたものをまとめてみました。

今は、肩に力を入れず、無理強いをせず、平常心を忘れず、流れに逆らわずに進むのがいい感じ。

しなやかに生きよう。

 

でもこの時間をただボーッとして流されるのではなく、次のステップに進む前の浄化をするのだよ。身も心も環境も清めるとよいよ。掃除もよいし、断捨離するのもよい。瞑想して雑念を払うもよい。

 

大事な作業を始める前に、現場を片付けてお清めをする。

要らないものをポイすれば、本当に必要な物が手に入る。

息を最後まで見事に吐き出すことで、新鮮な空気が自然にたっぷり入ってくるよね。

 

余談だけど、今日の夕暮れに空を見たら、雲の切れ間にぼや〜っとした虹を発見。ちょうど出始めだったみたいでどんどん色が鮮やかに。

でも雲が厚くて全貌は見られずでした。

f:id:josephjophiel:20190830182630j:plain

雲から下りてきたハシゴみたいな虹でした

川越氷川神社の夏の風物詩

〝結びの神さま〟の夏は風鈴で楽しむ

f:id:josephjophiel:20190826201322j:plain

涼し気な音を奏でる色とりどりの江戸風鈴

夏の風物詩を楽しみに、地元・埼玉県「川越氷川神社」の「縁むすび風鈴」へ。

七夕の頃から9月上旬に境内に江戸風鈴で彩る風鈴回廊が設置され、関連ご利益グッズの用意やライトアップなども。

f:id:josephjophiel:20190826203011j:plain

奥の方の回廊は、木々に囲まれた癒し空間

2014年から始まり、今や夏恒例行事となって期間中は多く参拝者で賑わうこのイベント。私はここ4年、毎年浴衣姿でお参りに行っています。

同社は〝結びの神さま〟で有名。

早朝に数量限定で無料でお分けしてくれる「縁結び玉」は、何度かテレビでも取り上げられたことがあり、このためにとても遠くから参拝にくる人もいます(前に北海道から来たという方に会いました)。

「縁むすび風鈴」もクチコミなどで広まり、年々混みあってきている気がします。

〝結びたい〟ご縁の内容は人それぞれだと思いますが、この期間の境内はやはり〝恋愛〟〝縁談〟などの気運が高まっている感じ。デートコースに選ぶカップルも多いからか、仲良し的でふんわりとワクワクしたエネルギーが感じられます。

イラスト入り特別バージョンの「御朱印符」

この期間は、通常の御朱印帳への御朱印は基本的にはいただけなくて、毎年デザインが変わる「御朱印符」という形で1枚ものの特別バージョンがいただけます(初穂料500円)。

f:id:josephjophiel:20190826202558j:plain
f:id:josephjophiel:20190826202608j:plain
左が今年、令和元年バージョン。右は昨年の平成30年

今回は昼間に行きましたが、夜のライトアップもステキですよ。

f:id:josephjophiel:20190826201740j:plain

穢れを祓う人形(ひとがた)流しができる境内の小川が↓

f:id:josephjophiel:20190826201536j:plain

19:00ごろからライトアップ(写真は2017年)

*令和元年の「縁むすび風鈴」は7月6日(土)〜9月8日(日)9:00〜21:00

 

©2019 ︎︎Joseph.M